ツーバイフォー住宅の魅力を語ろう

ツーバイフォー工法の家は地震や台風に強いって本当?

地震や強風に強いのはツーバイフォーの代名詞のようなもの

ツーバイフォーはどのようにして建てられるのか

ツーバイフォー工法の住宅は使用する部位ごとの規格も細かく定められている

高温多湿の日本で長持ちするの?

日本の住宅の平均寿命は40年もない

ツーバイフォー住宅の住み心地はいかが?

ツーバイフォーの中にツーバイフォーの部屋を作れば防音室となる

ツーバイフォー住宅の魅力を語ろう

射水市周辺で賃貸物件をお探しの方々必見のリクルートが運営しているスーモ「SUUMO」の射水市の賃貸情報。>> 射水市の賃貸詳細

賃貸アパートをお探しの大学生にオススメしたい!株式会社リクルートホールディングスが運用・管理しているSUUMO(スーモ)の戸越銀座の賃貸情報。→ 戸越銀座の賃貸をみる

ツーバイフォー工法とは主に住宅を建てるときの工法の名前で、日本では正式な書類などにはツーバイフォーのことを枠組壁工法と記入します。この工法が生まれたアメリカ・カナダはもちろんですが、ヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランド、日本など先進国を中心に世界中で採用されている工法です。ツーバイフォー工法が取り入れられている国の中には気候条件が厳しく、むしろ過酷な地域もあるので、そのような環境でも耐えられる、非常に強度のある建物であると言えます。

また、ツーバイフォー工法はとてもシンプルな構造のため、大量生産しやすくコストダウンしやすいことから今後も住宅需要が高くなってくる国や地域での普及が見込まれます。

大塚周辺の賃貸マンションをお探しの方々にお勧めしたい!RECRUIT(株式会社リクルート)が運用・管理しているスーモ「SUUMO」の大塚の賃貸マンション情報。→ 大塚の賃貸をみる

誤解を恐れず特徴をまとめると、簡単に作れて頑丈、たくさん作ればさらに安くできるが、お金をかけようと思えばバージョンアップもできる。まさに合理性がはっきりとわかる家、それがツーバイフォーなのです。

ツーバイフォー工法とは主に住宅を建てるときの工法の名前

Copyright(C) 2011 - ツーバイフォー住宅の魅力を語ろう - All Rights Reserved.